福祉発明品ショップ 店長ブログ

新しい取扱商品や面白い・困ったお客様対応などをご紹介しています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
電動アシスト付ベビーカー(お散歩カー)の「軽車両扱い」について

五十畑工業のお散歩カー・避難車(大型乳母車)の販売数日本一を誇る当店ですが、先程某テレビ局から電話があり「電動アシスト付ベビーカーに関する道路交通法及び道路運送車両法」について色々聞かれました。

 

チマタでかなり騒がれていますが、電動アシストが必要な人数を乗せるため大型乳母車は、私が知る限り五十畑工業のスワニーSSAシリーズしかないのでこの製品のことだと思います。

 

 

売上No1の当店(代理店)ですら発売されて4〜5台か売れなかった(高額なため)のに、他の販売で売れるはずはありません。

 

多く見積もっても30台が限度でしょう。メーカーに確認したら30台も売れていないとの事でした。

 

モーターメーカーからの同条件での供給がストップとなったため、2年ほど前に廃盤製品となっています。それに伴いお客様への充電用バッテリーも供給廃止となっています。

 

ネットニュースで取り上げられたために騒ぎとなっていますが、現在の日本に電動アシスト付のお散歩カー(大型乳母車)を製造しているメーカーはありません。

 

また、バッテリーを外せば通常のお散歩カーとして使用できますので、ユーザーの方は心配する必要がありません。

 

念のため自転車用のベルを付け電動アシスト機能を使う時は車道を、歩道を走行したい時はバッテリーを外せば大丈夫ですね。

 

一人乗りの電動アシスト付ベビーカー(ほとんど海外製)に関しては、電動アシスト時のスピードが時速6km以上出るものはNGとの事です。

 

私の調べた範囲ではそれ以外で引っかかる所はないようです。

 

私からするとテレビ局がニュースにするほどではありません。

 

スポンサーサイト
- | 12:55 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.